代表挨拶

 

 当アカデミーは、その前身を栄光デンタルアカデミーに置き、時代のニーズにあわせ教育形態を変化させ、現在は、歯科医師国家試験予備校ゼダ・デンタルアカデミーとなり10年が経過致しました。             
 今日のわが国では、歯科医師過剰時代が続き歯科医師国家試験の合格基準も需給バランスを取り歯科医師の質を確保するために、単に点数を取るだけではなく、一定の順位内に入ることが必要とされています。  
 大学側も国家試験の合格率が、次年度の入学希望者の数に影響することから合格率を上げるために、従来の全員卒業から国家試験に合格する可能性のあるものを卒業させるという傾向に変えてきています。
 その一方で、歯科医療技術の進歩から学ぶべき内容は年々増加し、少子高齢化による社会状況の変化から多岐に渡る内容となり、大学の講義だけでは不十分な状況になり補填が必要となっています。
当アカデミーでは多人数の一方通行の講義方式から、生徒一人ひとりに目が届く少人数の講義方式に変更し、個別指導を取り入れています。   
 皆さんも、当アカデミーに入校して目標に向かっていきましょう。
 スタッフ一同おまちしております。

                  
                         歯科医師国家試験予備校
                         ゼダ・デンタルアカデミー
                         代  表   笹 井  緑